三室戸寺へ紫陽花を見に行きました2
京都府宇治市にある三室戸寺は約1200年前に光仁天皇の勅願で千手観音菩薩をご本尊に創建されました。
今の季節は紫陽花が咲き誇る紫陽花園に多くの人々が集まりますが、その素晴らしい庭園は五千坪もの広さがあるそうです。

三室戸寺
紫陽花園を出ると石庭が在ります。

三室戸寺

花が寂しい季節でも素晴らしいお庭は健在ですからゆっくり散策を楽しめます。

三室戸寺 
三室戸寺 

階段を上がると本堂があります。本堂の前には蓮園があって、この季節はまだ十分に開花をしていません。
紫陽花の季節が終わる頃に訪れると蓮の花が迎えてくれるわけですね。
本堂は文化11年(1814)に再建されました。

三室戸寺 

本堂の横を通り抜けると三重塔がひっそりと建っています。元は兵庫県の佐用町の高蔵寺にあったものを明治43年に買い取りました。
本堂前の蓮園の蓮。咲きかけですね。今年は少々早いようですよ。

三室戸寺 

本堂側から見た境内です。ここからは紫陽花園が見えていませんね。

三室戸寺 

本堂のある境内に鎮座されている宇賀神様です。
三室戸寺はヘビと縁があるらしいですね。
尻尾を撫でると金運がつくという事で私も試してみました。

三室戸寺 

私は紫陽花を見に訪れました。つつじの季節も非常に素晴らしいそうですが、残念な事に今年は見過ごしてしまいました。今年はこれから紅葉の季節に、そして来年は是非つつじを見に再訪したいと思います。


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
宇治市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/06/22(土) 09:12:17 | ケノーベル エージェント
copyright © 2018 関西ふらふらお散歩中 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.