當麻寺の牡丹2017(1)
當麻寺は奈良県葛城市にある七世紀に創建された高野山真言宗と浄土宗の並立のお寺です。
當麻寺には本坊が無くて真言宗と浄土宗の13の子院によって管理されています。
私達が牡丹を見ようと訪ねるのはそのお庭という事になりますね。
今回私は中之坊、千仏院、奥院、西南院を訪れて牡丹や季節の植物を楽しませて頂きました。
中之坊と西南院は真言宗で、奥院と千仏院は浄土宗の子院です

2017當麻寺の牡丹
當麻寺は牡丹、芍薬、石楠花が有名ですが、藤もこの季節には見られて楽しみの一つになっています。
2017當麻寺の牡丹

白藤も見頃になっている中之坊から入っていきました。
牡丹はもちろん見頃です。 牡丹は強い太陽の陽を浴びると花弁の元気が無くなります。傘はその日よけなんですね。
2017當麻寺の牡丹

白藤が見事な花を咲かせています。
2017當麻寺の牡丹

中将姫剃髪の地と伝承されています中之坊ですが詳細は不明です。大和三大庭園の一つ香藕園は奈良県で最初の文化庁の保存指定になっています。
2017當麻寺の牡丹

牡丹をたっぷり楽しみ中之坊を後にしました。
2017當麻寺の牡丹

中之坊の次に訪れたのは千仏院です。
心字の池を中心に回遊式の庭園のある浄土宗の子院です。
2017當麻寺の牡丹

見頃となった牡丹が回遊式の庭園を引き立てていました。
2017當麻寺の牡丹

2017當麻寺の牡丹

この日は続いて奥院と西南院を訪ねました。後日又ブログで書こうと思います。
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 関西ふらふらお散歩中 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.