朝ドラのロケ地、今井町へ
朝の楽しみNHKの朝の連ドラ「あさが来た」。撮影は京都や大阪で行われているのかと思っていたのですが、実は奈良県橿原市の今井町でロケが行われていると知りました。 ロケ地を訊ねるというのは余りしないですが、昨今やたら気に入ってる「あさが来た」です。
是非その雰囲気に浸ろうと今井町を歩き回ってみました。

今井町


この日は生憎の曇天で、ひょっとしたら一雨あるかもしれないとヒヤヒヤしながら歩いていました。
日差しの無さもしっとりした江戸時代の雰囲気があってそれはそれで良い感じですね。
近鉄橿原線の八木西口駅で降りると今井町まで約五分です。駅構内にも案内があるので迷わずに到着しました。
飛鳥川にかかる蘇武橋を渡ると今井町です。
今井町

橋の傍に樹齢420年の蘇武エノキがあります。平成21年7月1日に橿原市景観重要樹木に指定されました。
今井町

奈良県には古い街並みが残る場所が数多くありますが、今井町は範囲が広くしっかりと保存されていて、しかも皆さんが普通に生活をされています。 だからこそ本物感がたっぷりあるんですねぇ。
道幅も昔のままですから非情に狭いです。
今井町

こちらは山尾家住宅。主屋は18世紀後半頃の建設で西端の座敷は1820年の断て美馬手瀬です。
今井町

山尾家の二階です。古い日本家屋は二階の天井がとても低いんですよね。
今井町

観光名所の一つである今井町ですが、広さのせいか人がゾロゾロ歩いていて情緒が無くなるという事はありません。
特にこの日は平日ですからのんびりゆっくり見られます。
今井町

吉村家住宅。主屋は1805年に二階建てに再建されたもの、その背後には倉庫等が有り主屋より50年は遡るものとみられています。山尾家と吉村家は奈良県指定文化財です。
今井町

これからご紹介する家屋は全て重要文化財でかなり古い建物ばかりです。
音村家住宅。主家は17世紀の建設。金物商を営んでいたようです。
今井町

旧米谷家住宅。屋号を「米忠」で代々金物商、肥料商を営んでいました。建物は18世紀中頃のものです。
今井町

細い道が続き地図を睨みながら歩きます。現在の我々には道なのか路地なのか分からないような所もあります。
それがまた風情があるのですねぇ。
今井町

その一角や一並びだけ昔風な町は多々ありますが、今井町はどこを見ても金太郎飴のように江戸情緒溢れる町並みです。
しかも皆さんしっかり手入れをされていて一部は現在という半端な住宅は少ないです。
今井町

まだまだ重文の建物は沢山在り全てを見られるかどうか・・・。午後からの急ぎ旅です、頑張って歩きたいと思います。
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 関西ふらふらお散歩中 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.