姫路城に到着です
メディアで姫路城の改修工事を終えたと知っていましたが、なかなか訪れる機会を得られずやきもきしていました。
時間が経つと白さが失われていくと聞き、出来るだけ早くなるだけ白い間に是非見てみたいと思っていました。
そして今回秋の好天にも恵まれようやく姫路城を訪れる事ができました。

姫路の町と姫路城
JR姫路駅から歩く事約15分。駅からも見えますが近寄って見るとその壮大さに感動していしまいます。
ただ大きいだけじゃないんですよ。白くお色直しを施された天守は青空に映えて本当に美しいです。
見る場所を変えてもバランスの取れた見事な造形美は圧倒されます。

姫路城は1346年に赤松貞範が築城し、その後小寺氏、黒田氏と主を変えていきましたが、江戸時代以前の天守の残る数少ない城です。
私達は大河ドラマ等々でよくお目にかかっていますよね。羽柴秀長が少ない手勢で守ったシーンはよく覚えていますし、昨今では黒田官兵衛でお馴染みです。
姫路の町と姫路城

はの門南方土塀です。見た事があるような・・・テレビ番組に使われていたのかな??
姫路の町と姫路城

入場口から入ってどんどん上って行き、何度も門をくぐってやっと天守に入りました。
天守に入ってからも上を目指しますが、既に相当な高さになっていました。
姫路の町と姫路城

城内は板張りで非常に簡素な造りです。
天守の最上階には刑部神社(おさかべじんじゃ)が祀られています。
姫路城を守護しているのですね。
姫路の町と姫路城

さて最上階からの復路は別の道を辿ります。
姫路の町と姫路城

姫路の町と姫路城

日没直前のお堀の風景はなかなか見応えがありました。
姫路の町と姫路城
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 関西ふらふらお散歩中 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.